ミノキシジルの副作用は頭皮のかゆみ?他には?

AGAと呼ばれる男性特有の脱毛症に関しては発毛を促進させるため、主に二つの治療薬が使用されますが、その中の一つがミノキシジルです。

ミノキシジルはタブレットなどが個人の輸入でも入手できる薬ではありますが、個人でタブレットを輸入して使用するのは止めておいた方が良いでしょう。
ミノキシジルには様々な副作用が報告されており、そういったトラブルの対応には専門的な知識が必要だからというのが大きな理由です。

一つ目の副作用として低血圧があります。
ミノキシジルの効果の一つに血圧を下げるというのがあるため、当然と言えば当然なのですが、血圧が低くなることによって身体がだるくなったりボーッとしたりする可能性があります。
その際は使用を中止して医師に相談しましょう。

また、ミノキシジルには血管拡張させることにより血行が良くなる効果があるのですが、それによる弊害が起こる可能性もあって、頭皮のかゆみが出てきたり炎症が起こる場合もあります。
また、血行が良くなるという事は、血管が膨張するという事なので、皮脂の分泌も多くなります。
皮脂の分泌が多くなるという事はにきびが出やすくなるという事です。

もしもミノキシジルを使っていて頭皮のかゆみや炎症、またはニキビが出てきた場合も一度医師に相談してみてください。

ミノキシジルを飲むと血圧は低くなるのですが、血行は良くなります、これは通常の状態で考えれば相反する作用です。
血圧が低くなると血管拡張していても細い血管に必要なだけの血液を送り出すのが難しくなります。
すると動悸を起こしたり、ちょっとしたことで息切れを起こしたりすることがあります。
ミノキシジルを服用していてなんだか息苦しいことが多くなったと感じた場合もミノキシジルを服用することによって引き起こされている副作用である可能性があります。

また、ミノキシジルを服用することによって生えやすくなるのは髪の毛だけではありません。
言うまでもなく私たちの体は全身が体毛に覆われています。
つまり、ミノキシジルによって他の部分の体毛が濃くなるという副作用も発生します。

ミノキシジル配合のリアップは市販で入手できる

ミノキシジルが配合されているものというのは、実は市販、つまりドラッグストアなどでも手に入れることが出来ます。
リアップという商品名はテレビのコマーシャルなどで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

このリアップの成分表をよく見ると、しっかりとミノキシジルと書かれています。
もちろん個人で輸入で入手できるタブレットや病院やクリニックで処方される薬と比べると、全ての成分中に含まれるミノキシジルの割合というのはごく少量ですが。
毛髪に一定の効果がある市販の薬品であることは紛れもない事実です。

リアップの何度かの改訂がおこなわれていて、現在販売されている最新の商品はより毛髪に効果の高い成分を多く含んでいます。
最新のリアップにはピリドキシン塩酸塩と、トコフェロール酢酸エステルとl-メントールと呼ばれる3つの成分が新たに加えられています。

これら3つの成分はどれも髪の毛が直接発毛するような効果があるわけではないのですが、頭皮に発生しやすい皮脂の分泌を抑える効果があったり、頭皮の酸化を防いで正常な状態を維持してくれる効果があったりと、ミノキシジルの効果をアシストしてくれるような成分になっています。

また、使用感に関してですが、メントールによって使用時の清涼感がとても高うなったのが大きな改善点ですが、匂いに関しては従来のものと比べるとより強くなり、2時間から3時間は匂いが残ります。
外出前に使用するのはあまりふさわしくないのかもしれません。

ミノキシジルの配合量は少ないものの、ミノキシジル特有の副作用はリアップにおいても発生する恐れがあります。
もしも使用中に違和感を感じたらすぐに使用を中止するようにしましょう。